台湾フルーツ

日本で幻?「釈迦頭」が初輸入 甘み強く、急速冷凍技術で実現 /東京

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 台湾特産のトロピカルフルーツ、バンレイシ(英語名・シュガーアップル)を日本に売り込もうと、産地の東部・台東の関係者らが2日、港区の台北駐日経済文化代表処で記者会見しておいしさをアピールした。日本への輸入は初めて。

 外観は緑色で凹凸があり、お釈迦様の頭のように見えるため、台湾では「釈迦頭(しゃかとう)」と呼ばれる。果肉は乳白色で、甘みが強いのが特徴。食感はシャリシャリと砂糖をかむ…

この記事は有料記事です。

残り288文字(全文479文字)

あわせて読みたい

注目の特集