メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第77期名人戦A級順位戦 久保利明王将-羽生善治竜王 第14局の1

急戦調の布陣

 東京・将棋会館の特別対局室に、スター棋士4人がそろった。本局の羽生竜王-久保王将戦、そして隣では豊島棋聖-佐藤康九段戦が行われる。どちらもA級順位戦で、ここまでの成績は豊島棋聖が2勝、他3人は1勝1敗で並んでいる。

 筆者は久保の初手を[先]5六歩と予想したが、いきなり外れた。久保の作戦はノーマル三間飛車で、これには羽生も少し意表を突かれたようだった。対局開始早々に羽生の表情がみるみる険しくなり、眉間(みけん)にくっきりと縦ジワが現れた。

 振り飛車党の中でも、球種を多く持つという点では、久保は別格と言っていいだろう。十中八九、久保が飛車…

この記事は有料記事です。

残り514文字(全文791文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  2. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

  5. 28年ぶり クロネコとシロネコを一新 ヤマトHD100周年で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです