カメラ探訪

富山県砺波市 チューリップ四季彩館 年中開花、色鮮やか /北陸

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
色とりどりのチューリップが一年中楽しめる=富山県砺波市中村の「チューリップ四季彩館」で、森野俊撮影
色とりどりのチューリップが一年中楽しめる=富山県砺波市中村の「チューリップ四季彩館」で、森野俊撮影

 春の花を一年中楽しめる--。富山県砺波市の「チューリップ四季彩館」では、赤や白、黄など、季節を問わず、常時10~15品種の5000本を超えるチューリップが彩っている。同館の金平裕主幹は「いつでもチューリップが観賞できるのは世界でもここだけ」と自慢げに語る。【森野俊】

 チューリップは本来、秋に球根を植えて冬を越すと芽を出し、春に開花するが、同館では芽が出る前に球根を土ごと冷凍庫に入れ、成長を遅らせて夏や秋に咲かせる抑制栽培や、夏から秋に冷蔵庫で冬を体験させて開花を早める促成栽培を駆使することで、年中咲かせている。

 1996年に開館した同館はチューリップや砺波のファンを増やそうと、2016年3月に「愛を育てる」をコンセプトにリニューアルオープン。鏡を設置して万華鏡の中にいるような空間を作った「パレットガーデン」をはじめ、色とりどりの切り花が飾られた高さ3・7メートル、直径3メートルの塔「チューリップパレス」など、写真撮影に適した“インスタ映え”スポットが充実した。

この記事は有料記事です。

残り337文字(全文774文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集