メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福井しあわせ元気国体’18

サッカー成年男子初V フェンシング成年女子エペ、男子サーブルも /福井

ゴールを決め、スタンドに向かって駆け出す福井代表の山田雄太選手(右)=福井県坂井市三国町のテクノポート福井総合公園スタジアムで、塚本恒撮影

 福井国体のサッカー成年男子は3日、坂井市のテクノポート福井総合公園スタジアムで決勝があり、福井代表が初優勝を飾った。北信越リーグ1部・サウルコス福井の選手でつくるチームが東京代表を2-0で降した。3日は越前市であったフェンシングでも男女の福井代表がそれぞれ頂点に輝き、県勢の躍進にスタンドが沸いた。【塚本恒】

 サッカーは、福井が持ち味の堅守で主導権を握った。DF橋本真人選手らが体を張って前半を0-0で折り返…

この記事は有料記事です。

残り607文字(全文812文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  2. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  3. 織田信成さんの要求 関大「妥当ではない」と判断 モラハラ訴訟で経緯公表

  4. 唐揚げ、焼きそば、瓶ビール…官邸幹部の「セコい裏技」露呈 「桜を見る会」弁明

  5. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです