メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

かもす食堂

空き家リノベ「食の拠点」に あすオープン 「人と人がつながるスペース目指す」 各務原 /岐阜

 各務原市役所近くの自然公園で音楽やマーケットなどのイベント会場として知られる「学びの森」。その一角に数年前から無人だった築50年超の木造平屋建て住宅が、食をテーマにした交流拠点「かもす食堂」として5日、オープンする。【高橋龍介】

 開設したのは、長縄尚史さん(43)。「学びの森」で11月3日に開催される「マーケット日和」や、公園内の市営カフェ「KAKAMIGAHARA STAND」(スタンド)を運営する社団法人「かかみがはら暮らし委員会」メンバーだ。

 食堂の名前「かもす」の由来は発酵と薬膳、調味料。生産者と消費者をつなぎ、食の講座を通じ人と人をつなぐ、かしこまらずに誰もが集まれる雰囲気をかもしだす場でありたいとの思いと、醸造の「かもす」をかけて命名した。

この記事は有料記事です。

残り551文字(全文882文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナのエアコンで「コロナ禍に打ち勝て」 一人親世帯に無償提供 新潟・三条

  2. 3歳娘放置死 逮捕の母は5月にも交際男性と旅行 日常的に育児放棄か

  3. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

  4. 3歳娘を自宅に8日間放置し死なす 育児放棄の疑いで母を逮捕 警視庁

  5. デパート休業、知事選集会の中止…鹿児島のクラスター震源地「おだまLee男爵」はどんなところか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです