メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと兵庫、大阪、京都

造幣局=大阪市北区/上 欧米技術の粋集め創業

創業時に香港造幣局から買い付けた最新のフランス製圧延機(左)。基本構造は現在もそれほど変わっていない=大阪市北区天満1の造幣局で、中川博史撮影

 <ぐるっと兵庫・大阪・京都 ちょい旅>

 桜の通り抜けで有名な造幣局(大阪市北区)は、明治新政府が進める近代化の中で、先駆的な役割を担っていた。国家の礎となる貨幣制度を整えるために欧米技術の粋が集められ、雇用した外国人指導者たちによって新たな知識や生活様式がもたらされたという。だとしたら、そんな国の中枢機関がなぜ大阪に?【中川博史】

 造幣局の創業式が大々的に催されたのは1871(明治4)年4月。資材を運ぶ外国船の沈没や火災による建…

この記事は有料記事です。

残り858文字(全文1075文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 高齢秋田犬がお手柄 散歩中におばあちゃん助ける
  2. 男女一緒、あらためて大人の性教育 60代も学んだ最新の避妊法
  3. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
  4. サクラの名所・中国の武漢大、警備員が花見の「和服」学生に暴行 ネットで炎上、批判が殺到
  5. 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症 毎日新聞調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです