メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

書肆侃侃房

海外文学、短歌・詩に特化 天神に本屋開店 /福岡

 福岡市の出版社「書肆侃侃房(しょしかんかんぼう)」(福岡市中央区)が3日、海外文学や短歌、詩などに特化した本屋「本のあるところ ajiro」(中央区天神3)をオープンさせた。田島安江社長は「まずは本に触れてほしい」と話している。

 壁際に設けられた本棚にはキム・エラン、ラシャムジャら韓国やチベットなどの文学者の著書や、同社出版の短歌ムック「ねむらない樹」などが並ぶ。

 「書肆侃侃房」は年間40~50冊を出版する。2010年に中央区薬院に開設したブックカフェ「Read cafe」は喫茶がメインで、同社出版物のみ取り扱っていたのに対し、「ajiro」は他社出版本を中心に、海外文学や歌集など特定分野の3000~3500冊をそろえる。

この記事は有料記事です。

残り231文字(全文547文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米雇用改善 トランプ氏、死亡した黒人男性にとって「素晴らしい日」と発言 非難噴出

  2. 都知事選に出るワケ 熊本知事から「タイムリミット」示された副知事の決断

  3. 家計支えるのに給付金の対象外…困窮する定時制の高校生 「1日1食の日も」

  4. 時の在りか 小池都知事再選を危ぶむ=伊藤智永

  5. 最も評価する政治家は大阪・吉村知事 2位東京・小池氏 発信好感 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです