メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

書肆侃侃房

海外文学、短歌・詩に特化 天神に本屋開店 /福岡

 福岡市の出版社「書肆侃侃房(しょしかんかんぼう)」(福岡市中央区)が3日、海外文学や短歌、詩などに特化した本屋「本のあるところ ajiro」(中央区天神3)をオープンさせた。田島安江社長は「まずは本に触れてほしい」と話している。

 壁際に設けられた本棚にはキム・エラン、ラシャムジャら韓国やチベットなどの文学者の著書や、同社出版の短歌ムック「ねむらない樹」などが並ぶ。

 「書肆侃侃房」は年間40~50冊を出版する。2010年に中央区薬院に開設したブックカフェ「Read cafe」は喫茶がメインで、同社出版物のみ取り扱っていたのに対し、「ajiro」は他社出版本を中心に、海外文学や歌集など特定分野の3000~3500冊をそろえる。

この記事は有料記事です。

残り231文字(全文547文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「私が背中向けた段階で言わないで」安倍前首相、「桜」質問にいら立ち

  2. 秋田で投函されたLGBT差別あおるビラ 誇張し偏見 問題の背景は?

  3. 菅首相、初論戦は「逃げ」全集中 9月の約束「丁寧な説明」はどこへ

  4. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  5. ファクトチェック 「CNNがトランプが勝ってしまうと放送」 日本語版ツイッターで拡散されている情報は「不正確」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです