メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル賞

化学賞に米英3氏 たんぱく質合成、新手法

【上】フランシス・アーノルド氏=カリフォルニア工科大ホームページから【中】ジョージ・スミス氏=ミズーリ大ホームページから【下】グレゴリー・ウィンター氏=ケンブリッジイノベーションキャピタルのホームページから

 スウェーデン王立科学アカデミーは3日、2018年のノーベル化学賞を米カリフォルニア工科大のフランシス・アーノルド博士(62)、米ミズーリ大のジョージ・スミス博士(77)、英医学研究会議(MRC)のグレゴリー・ウィンター博士(67)に授与すると発表した。3氏は生物が進化する過程を参考に、有用なたんぱく質を人工的に合成し、バイオ燃料や医薬品などを作る新たな手法を開発したことが評価された。

 授賞式は12月10日にストックホルムで開かれ、賞金900万スウェーデンクローナ(約1億1500万円…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 差別発言の長谷川豊氏、公認取り消しも 維新・松井代表が検討指示
  2. 「丸山氏早く辞め病院へ」松井一郎大阪市長 「完全に一線越えている。社会人として失格」
  3. 防犯チラシを西宮署が回収 「女性に責任あるような表現だ」と苦情寄せられ
  4. 丸山氏に続き長谷川氏、舌禍相次ぐ維新 その背景は?
  5. オアシスのとんぼ なぜ嫌韓は高齢者に多いのだろうか

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです