メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成という時代

第2部 この場所/7 北海道・洞爺湖 消えぬ拓銀破綻の記憶 経済混乱、爪痕残す

「ここからの洞爺湖が一番気に入っている」と話す北島良人さん。映画のロケ地にもなり、記念撮影に訪れる外国人観光客も多い=北海道洞爺湖町で

インバウンド、再生の力

 この夏、大勢のインバウンド(訪日外国人)でにぎわった北海道屈指の観光名所・洞爺湖(洞爺湖町など)。大型バスが次々乗り入れ、遊覧船乗り場には長い列ができた。湖を見下ろす山の上に建つ高級リゾートホテルでも、幾組もの中国人の家族連れがガラス越しに広がる絶景を写真に収めていた。北海道洞爺湖サミット(2008年)の会場として知られるホテルだが、地元の人々の記憶では今も、道経済に混乱をもたらした北海道拓殖銀行(拓銀)の破綻と結びつく。

 「何をしゃべったかよく覚えていない。ただ、泣くことだけは絶対にしまいと思いました。泣いて済むならい…

この記事は有料記事です。

残り2124文字(全文2399文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  2. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  3. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  4. センバツ「21世紀枠」候補9校を発表 釧路湖陵、八尾など
  5. 東名あおり 強固な犯意「常軌逸している」 懲役18年判決

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです