メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なるほドリ

バブル崩壊、何が起きたの? 資産価格大暴落 金融機関が連鎖倒産=回答・合田月美

 なるほドリ 平成は景気が長く低迷した時代だったね。

 記者 始まりは1990年代初めのバブル崩壊ですね。

 Q 何が起きたの?

 A まず85年に先進5カ国がドル高是正(ぜせい)で一致した「プラザ合意」により日本は円高不況に陥(おちい)りました。その対策として政府・日銀は公定歩合(こうていぶあい)を引き下げ、超低金利を続けた結果、不動産や株式への投機(とうき)が加速し、資産価格が暴騰(ぼうとう)しました。これが「バブル」です。あまりの景気過熱に政府・日銀は89年から金融引き締めに転じたため、今度は資産価格が大暴落し、金融機関は融資先の倒産や経営悪化で不良債権(ふりょうさいけん)を多く抱えることになったんで…

この記事は有料記事です。

残り458文字(全文762文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 菅内閣支持33%、不支持57% 緊急事態遅すぎる71% 毎日新聞世論調査

  4. コロナで「困っています」物乞いする35歳 うつむく困窮者に届かぬ支援

  5. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです