メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
社説を読み解く

自民総裁選と沖縄知事選 両極端の潮流をどう考えるか=論説委員長・古賀攻

自民党の両院議員総会に出席した安倍晋三首相=9月20日、川田雅浩撮影

毎日・朝日・日経「政権への不満根強い」/読売「首相の実績評価された」

 自民党総裁選で安倍晋三首相が「3年延長権」を手にしたのに続き、沖縄県知事選では安倍政権と相いれない新知事が誕生した。

 9月20日と30日。10日を隔てた二つの選挙結果は、有権者がまったく異なるとはいえ、日本の政治潮流の両極を示している。各紙社説の論調も大きく分かれた。

 確かに政治は価値観の衝突ではある。しかし、同時に政治は統合する力を必要とする。メディアを含めて政治…

この記事は有料記事です。

残り2267文字(全文2486文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訪日客人気スポット「チームラボ」菅長官が視察「来年は4000万人に」

  2. カジノ誘致 横浜市が表明へ 林市長、週内にも

  3. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  4. 社会 甲子園のツタ、復活せず 全体覆うのにあと10年 耐震工事で一時撤去

  5. 移転する「おふくろの味」警察署長が感謝状 滋賀・高島

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです