メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社説を読み解く

自民総裁選と沖縄知事選 両極端の潮流をどう考えるか=論説委員長・古賀攻

自民党の両院議員総会に出席した安倍晋三首相=9月20日、川田雅浩撮影

 自民党総裁選で安倍晋三首相が「3年延長権」を手にしたのに続き、沖縄県知事選では安倍政権と相いれない新知事が誕生した。

 9月20日と30日。10日を隔てた二つの選挙結果は、有権者がまったく異なるとはいえ、日本の政治潮流の両極を示している。各紙社説の論調も大きく分かれた。

 確かに政治は価値観の衝突ではある。しかし、同時に政治は統合する力を必要とする。メディアを含めて政治の役割とは何かを考えさせられる出来事だ。

この記事は有料記事です。

残り2281文字(全文2486文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  2. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  3. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  4. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

  5. 名古屋市、幼稚園も休みに 河村市長が方針 卒業式も中止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです