メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

沖縄新知事に辺野古反対・玉城氏 本土が民意に応える番=遠藤孝康(那覇支局)

当選を確実にした玉城デニー氏(前中央)のあいさつに応える支援者ら=那覇市で9日30日夜、徳野仁子撮影

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設計画に対する賛否が焦点となった沖縄県知事選(9月30日)は、8月に急逝した翁長雄志(おながたけし)前知事の後継として移設反対を訴えた元衆院議員の玉城(たまき)デニー氏(58)が、移設を進める安倍政権が支援した前宜野湾市長の佐喜真淳(さきまあつし)氏(54)を破って初当選した。

この記事は有料記事です。

残り1894文字(全文2063文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 近鉄特急にはねられフィリピン女性死亡 東大阪・東花園駅

  2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  3. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  4. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  5. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです