メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

刺激的な新アップルウオッチ=パロアルトインサイトCEO・石角友愛

 9月の米アップルの新作発表会では、新しいiPhone(アイフォーン)が日本では大きく取り上げられていたが、私にはアップルウオッチの新製品の方が刺激的に映った。普段から健康維持のためにアップルウオッチを愛用しているものとして、今回の発表には大きなブレークスルーがあるように見受けられたからだ。もはや、アップルウオッチは時計の役割を持つヘルスケアデバイスとなったのだ。

 今までのアップルウオッチは、歩数やカロリー消費などの一般的なデータしか計測できなかったが、今回の新シリーズでは電気心拍センサーを内蔵することでユーザーの心電図が取れるようになった。心電図といえば、健康診断で病院に行った時に計器を胸につけて計測するものだったが、毎朝体重を量るように自分で取ることができ、蓄積したデータを医者に見せることで症状を伝えられる。

この記事は有料記事です。

残り457文字(全文818文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. クローズアップ 自殺者、11年ぶり増加 思い詰める前に相談を コロナ禍、女性と若者顕著

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです