メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 東電強制起訴公判 津波対策先送りに理解 保安院職員証言

 東京電力福島第1原発事故を巡り、業務上過失致死傷罪で強制起訴された東電旧経営陣3人の第29回公判が3日、東京地裁(永渕健一裁判長)であった。原子力安全・保安院(現・原子力規制庁)で第1原発の安全審査を担当した職員が出廷。東電が東日本大震災前の審査で巨大津波対策を盛り込まなかった点について「直ちに取り入れるべきだとは考えていなかった」と理解を示し、被告側に有利な証言をした。

 政府の地震調査研究推進本部は2002年、「福島沖を含む日本海溝沿いで巨大津波が発生しうる」とした「…

この記事は有料記事です。

残り370文字(全文608文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  2. 飯塚元院長を12日にも書類送検 運転処罰法違反容疑 池袋母子死亡

  3. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

  4. 安倍政権で費用2倍「桜を見る会」は税金で何をしているのか

  5. 自衛官2人、10分居眠りで停職 弾薬庫の警備中 兵庫・伊丹

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです