トヨタ

ソフトバンクと提携へ 相乗りや自動運転分野

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 トヨタ自動車とソフトバンクグループは、自動車の次世代技術開発で提携する。共同出資会社を設立し、ライドシェア(相乗り)サービスや自動運転など広範な分野で協業を進める方針。4日午後、トヨタの豊田章男社長とソフトバンクグループの孫正義会長兼社長が記者会見し、正式発表する。

 インターネットに常時接続するコネクテッドカーの技術は、車両の状態や道路状況などの膨大なデータの収集・分析を可能とし、自動運転開発の鍵を握る。トヨタは2020年…

この記事は有料記事です。

残り323文字(全文537文字)

あわせて読みたい

注目の特集