メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

奈良・生駒

関電値引き 電力“地産地消”に逆風

「いこま市民パワー」の設立を発表する奈良県生駒市の小紫雅史市長(中央)ら=生駒市役所で2017年7月18日、熊谷仁志撮影

 奈良県生駒市が51%を出資して昨年7月に設立した電力小売り会社「いこま市民パワー」が、関西電力の大幅な値引き攻勢で逆風にさらされている。市は「エネルギーの地産地消」の理想を掲げる市民パワー社から電力を優先的に購入しているが、結果的に周辺自治体と比べると割高に。12月からの新料金決定を前に、市の対応が注目される。【熊谷仁志】

この記事は有料記事です。

残り1619文字(全文1782文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ビートたけし、吉本興業を痛烈批判「だったら雇うなよ。最低保証くらいしろよ」
  2. ORICON NEWS 金子ノブアキ、RIZEメンバー2人の逮捕を謝罪「更生を願う」 金子賢輔容疑者は実弟
  3. あなたの参院選 なぜ8時に当選確実が出るの? テレビ選挙報道の舞台裏
  4. 参院選、投票率前回下回る 22日未明に大勢判明
  5. 米ニューヨークで一時大規模停電 ミュージカルも中止に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです