メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アート

乳がんで命落とさないで 「おっぱい展」で訴え

UKIWADAMAを制作した岡村しんしさんと妻えみこさん

 福岡県田川市の旧猪位金小学校「いいかねPalette」で、アートを通じて乳がんから命を守ることを訴える「おっぱい展」が開かれている。乳房をモチーフにしたドレスを着て歩くランウエーや風船で模した遊具など、3人のアーティストと劇団を中心に教室や廊下を使った空間芸術などを紹介。合わせて、乳がん検診の費用などを自治体ごとに展示している。8日まで。【峰下喜之】

 出展したのは、田川市出身で実行委員長のクリハラナミさん(37)、福岡市でデザイン会社を営む岡村しんしさん(36)、沖縄県宜野湾市を拠点とする写真家、Rikiyamanekoさん、東京の劇団「集団たま。」。

この記事は有料記事です。

残り517文字(全文797文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  2. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  3. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  4. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

  5. 部活は?受験は?卒業式は? 子供も保護者も、不安の“つぶやき” 首相休校要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです