アート

乳がんで命落とさないで 「おっぱい展」で訴え

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
UKIWADAMAを制作した岡村しんしさんと妻えみこさん
UKIWADAMAを制作した岡村しんしさんと妻えみこさん

 福岡県田川市の旧猪位金小学校「いいかねPalette」で、アートを通じて乳がんから命を守ることを訴える「おっぱい展」が開かれている。乳房をモチーフにしたドレスを着て歩くランウエーや風船で模した遊具など、3人のアーティストと劇団を中心に教室や廊下を使った空間芸術などを紹介。合わせて、乳がん検診の費用などを自治体ごとに展示している。8日まで。【峰下喜之】

 出展したのは、田川市出身で実行委員長のクリハラナミさん(37)、福岡市でデザイン会社を営む岡村しんしさん(36)、沖縄県宜野湾市を拠点とする写真家、Rikiyamanekoさん、東京の劇団「集団たま。」。

この記事は有料記事です。

残り517文字(全文797文字)

あわせて読みたい

注目の特集