メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

利尻島

ヒグマ「蜂蜜作戦」で撮影へ 106年ぶりに確認

クマの「おびき出し作戦」のために利尻島に設置された蜂蜜入りの仕掛け=北海道宗谷総合振興局提供

 北海道宗谷総合振興局は、5月に106年ぶりに利尻島で確認されたヒグマが島内に残っているか調べるため、2カ所に蜂蜜を含ませたスポンジを入れた容器を高さ4メートルの位置につるした。近くにカメラを置き、匂いにつられてクマが来れば自動撮影する作戦。9月29日に開始し、これまでにクマは映っていない。調査は4日まで。

 仕掛けはこれまでにふんや足跡などが確認された林道の2カ所に、木と木の間にロープを張って取り付けた。

この記事は有料記事です。

残り257文字(全文461文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  2. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  3. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  4. 東名あおり 強固な犯意「常軌逸している」 懲役18年判決
  5. 東名あおり事故 遺族「なぜあの場所に停車させたか」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです