メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カワウソゥ選挙

「破壊神」くるりが上位争い 仙台

カワウソゥ選挙で1位を目指すツメナシカワウソのくるり=仙台市宮城野区の仙台うみの杜水族館で

 全国のカワウソの人気ナンバーワンを決める「第2回カワウソゥ選挙」で、仙台うみの杜(もり)水族館(仙台市宮城野区)のツメナシカワウソ「くるり」(雌、3歳)が3日現在で3位と健闘している。同選挙の投票は14日までで、担当者は「パワフルに遊ぶくるりに1票を」と呼び掛けている。

 ツメナシカワウソはアフリカに生息するイタチ科の哺乳類で、日本で飼育しているのは同館を含め3カ所のみ。同館ではくるりと「ソラ」(雄、6歳)の夫婦が暮らしている。

 同館では選挙でさらに上位を目指すべく、飼育員がくるりの魅力を解説する「おてんばくるりのPRタイム」を実施。くるりが体長約1.2メートルの大きな体で水槽をくるくると駆け回る。担当飼育員の寺沢真琴(まこ)さん(29)は「おもちゃをあげるとすぐに壊される」と、「破壊神」の異名を取るくるりに手を焼きつつも、「活発な時と静かな時のギャップにキュンとくる」と魅力を話す。

 福島県相馬市から訪れた森崎歩華(ほのか)ちゃん(4)は、遊び終わって休んでいたくるりを見て「寝ているところもかわいい」とほほ笑んでいた。

 PRタイムは14日まで、毎日午後1時10分から実施。カワウソゥ選挙には、特設サイト(http://www.sunshinecity.co.jp/campaign/cp/ikimonoaz_kawauso-senkyo/)から投票できる。【滝沢一誠】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ政権 トランスジェンダー排除を検討…米紙報道
  2. 訃報 芦田淳さん88歳=ファッションデザイナー
  3. ORICON NEWS NHKの体操番組に熱視線、5分で心をつかむ“裏切らない体作り”とは?
  4. 米国 デザイナーのケイト・スペードさん死亡 自殺か
  5. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです