メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カワウソゥ選挙

「破壊神」くるりが上位争い 仙台

カワウソゥ選挙で1位を目指すツメナシカワウソのくるり=仙台市宮城野区の仙台うみの杜水族館で

 全国のカワウソの人気ナンバーワンを決める「第2回カワウソゥ選挙」で、仙台うみの杜(もり)水族館(仙台市宮城野区)のツメナシカワウソ「くるり」(雌、3歳)が3日現在で3位と健闘している。同選挙の投票は14日までで、担当者は「パワフルに遊ぶくるりに1票を」と呼び掛けている。

 ツメナシカワウソはアフリカに生息するイタチ科の哺乳類で、日本で飼育しているのは同館を含め3カ所のみ。同館ではくるりと「ソラ」(雄、6歳)の夫婦が暮らしている。

 同館では選挙でさらに上位を目指すべく、飼育員がくるりの魅力を解説する「おてんばくるりのPRタイム」…

この記事は有料記事です。

残り325文字(全文591文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  2. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  3. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  4. 東名あおり 強固な犯意「常軌逸している」 懲役18年判決
  5. 東名あおり事故 遺族「なぜあの場所に停車させたか」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです