メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ダム建設

八ッ場の桜、移植進む 小学生「一緒に大きく」

枝を切り取られた一本桜の前で、説明を聞く児童ら=群馬県長野原町で

 八ッ場ダム(群馬県長野原町)の建設で水没する旧長野原町立東中学校跡地の桜を移植する計画が進んでいる。株分けした苗木を町内の小中学校に植樹するほか、来年1~2月には前橋市の「カネコ種苗ぐんまフラワーパーク」に木ごと移し替える予定だ。事業を進める県樹木診断協会の石橋照夫会長は「八ッ場の桜を大切に守り、町の記憶を多くの人に知ってほしい」と願っている。

 校庭には桜が8本並んで植えられていたが、全てを移植するには多額の費用がかかるため、他の7本は既に伐…

この記事は有料記事です。

残り499文字(全文723文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 東京消防ヘリ 福島・いわきで救助中、誤って70代女性落下し死亡

  3. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  4. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  5. リーチ・マイケル主将「台風で亡くなった人たちの家族に勇気与えられたと思う」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです