メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外ゴーン前会長 再び保釈
ダム建設

八ッ場の桜、移植進む 小学生「一緒に大きく」

枝を切り取られた一本桜の前で、説明を聞く児童ら=群馬県長野原町で

 八ッ場ダム(群馬県長野原町)の建設で水没する旧長野原町立東中学校跡地の桜を移植する計画が進んでいる。株分けした苗木を町内の小中学校に植樹するほか、来年1~2月には前橋市の「カネコ種苗ぐんまフラワーパーク」に木ごと移し替える予定だ。事業を進める県樹木診断協会の石橋照夫会長は「八ッ場の桜を大切に守り、町の記憶を多くの人に知ってほしい」と願っている。

 校庭には桜が8本並んで植えられていたが、全てを移植するには多額の費用がかかるため、他の7本は既に伐…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  4. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  5. 実行犯は高学歴 女1人を含む計9人 スリランカ連続爆破テロ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです