メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

食中毒

佐世保の修学旅行生100人 フェリーで食事

「フェリーふくおか2」=本社ヘリから平川義之撮影

 北九州市は4日、新門司港(同市門司区)と大阪南港(大阪市)を結ぶ名門大洋フェリー「フェリーふくおか2」の船内レストランで食中毒が発生したと発表した。9月に食事した長崎県佐世保市の中学生100人が下痢や吐き気などの症状を訴え、中学生23人と調理従事者1人からノロウイルスが検出された。北九州市保健所はレストランを4日から2日間の営業停止とした。

 同市によると、修学旅行で関西方面を訪れた佐世保市立2校の中学生が9月13日、フェリーで夕食にハンバーグステーキや白身魚のフライなどを食べ、14~15日に症状を訴えた。36人が佐世保市内で受診。重症者はいなかった。同社の野口恭広社長は「多大なご迷惑とご心配をおかけしたことをおわびする」との謝罪文を発表した。【下原知広】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 2019年のGW 10連休が浮き彫りにする労働格差
  2. プリンセス駅伝 ワコールが1位 三井住友海上は途中棄権
  3. トランプ政権 トランスジェンダー排除を検討…米紙報道
  4. アジア大会 時計壊れ、国旗落ち、名前誤り…トラブル続出
  5. 特集ワイド 空き家マンション、街荒れる 解体に数億円、合意形成難しく

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです