花火大会

消えゆく夜空の華 安全確保・警備難しく

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
多くの人たちでにぎわった大濠公園の花火大会=福岡市中央区で2016年8月1日、矢頭智剛撮影
多くの人たちでにぎわった大濠公園の花火大会=福岡市中央区で2016年8月1日、矢頭智剛撮影

 福岡市で終戦4年後に始まった「西日本大濠花火大会」が今夏を最後に約70年の歴史に幕を閉じた。毎年40万人以上が楽しむ全国屈指の花火大会だったが、観客増で警備が困難になったなどとして、主催者が来年から実施しないと発表した。同様の理由で、伝統ある花火大会の中止や終了が全国で相次いでいる。

 「観覧者の増加や急速な周辺開発に伴って、安全な大会運営は大きな曲がり角に来ています」。大濠花火大会を主催する西日本新聞は、9月14日の朝刊に大会の終了を伝える社告を掲載した。

 市街地にある大濠公園で毎年8月1日に開かれてきた大濠花火大会は1949年、戦没者の鎮魂と戦後復興を願って始まった。一時中断を経て今夏で通算56回を数えたが、「福岡市の成長や交通網の整備」などで観客が急増して規模が膨れ上がり、「安全対策の限界」(社告)にきていると判断したという。

この記事は有料記事です。

残り1057文字(全文1428文字)

あわせて読みたい

注目の特集