メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

花火大会

消えゆく夜空の華 安全確保・警備難しく

多くの人たちでにぎわった大濠公園の花火大会=福岡市中央区で2016年8月1日、矢頭智剛撮影

 福岡市で終戦4年後に始まった「西日本大濠花火大会」が今夏を最後に約70年の歴史に幕を閉じた。毎年40万人以上が楽しむ全国屈指の花火大会だったが、観客増で警備が困難になったなどとして、主催者が来年から実施しないと発表した。同様の理由で、伝統ある花火大会の中止や終了が全国で相次いでいる。

 「観覧者の増加や急速な周辺開発に伴って、安全な大会運営は大きな曲がり角に来ています」。大濠花火大会を主催する西日本新聞は、9月14日の朝刊に大会の終了を伝える社告を掲載した。

 市街地にある大濠公園で毎年8月1日に開かれてきた大濠花火大会は1949年、戦没者の鎮魂と戦後復興を…

この記事は有料記事です。

残り1147文字(全文1428文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. リーチ・マイケル主将「台風で亡くなった人たちの家族に勇気与えられたと思う」

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  4. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  5. 日本悲願の8強、アジア初 スコットランド破りA組1位 世界ランキング過去最高7位に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです