メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西部ガス

「モバイルワーク」試験導入 19年度視野に

 西部ガスは営業部門の一部社員にタブレット端末を持たせ、出先や移動中に業務を行う「モバイルワーク」を試験導入している。IT(情報技術)を活用し、勤務先以外で柔軟に働く「テレワーク」の一環で、来年度の本格導入を目指す。ガス小売り全面自由化で競争が激しくなる中、業務の効率化で生まれた時間を営業に回す狙いもある。

 同社は今年4月、営業担当者40人にタブレット端末を貸与した。顧客との打ち合わせ内容を記した日報作成や見積書の修正は従来、会社に戻って作業する必要があったが、移動中の車内などで入力が可能になった。

この記事は有料記事です。

残り345文字(全文597文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中江滋樹さん、アパート火災で死亡か 「兜町の風雲児」元投資ジャーナル会長

  2. 立憲・辻元氏に脅迫文「殺してやる」 党本部に届く 警視庁に被害届

  3. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  4. ロンドン市長選候補「東京五輪代替開催の用意」 新型肺炎で中止を想定

  5. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです