ホンダ

GMが自動運転車開発で協業

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 ホンダと米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)、GMのグループ企業で自動運転車開発を手掛けるクルーズの3社が3日、無人ライドシェア(相乗り)用の自動運転車の開発で協業すると発表した。

 ホンダはクルーズへ7億5000万ドルを出資し今後12年間で事業費として約20億ドルを支払う。GMは無人タクシーを2019年に事業化する計画を立てている。クルーズはGM子会社で自動運転用のセンサー技術に強みがあり、ホンダの車両設計力や生産技術とのシナジー(相乗)効果を狙う。

 ホンダの倉石誠司副社長は3日、日本で記者会見し「この協業が相互の信頼に基づくパートナーシップをさらに強めることを期待したい」と協業の意義を語った。GMのメアリー・バーラ会長兼最高経営責任者(CEO)も米国で会見し「移動手段の革命の恩恵を提供したい」と話した。

この記事は有料記事です。

残り274文字(全文634文字)

あわせて読みたい

注目の特集