大阪府警

風俗店接待、収賄の元警官2人、起訴内容認める

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 違法風俗店に関する捜査情報を漏らす見返りに飲食接待を受けたとして、加重収賄などの罪に問われた大阪府警の元巡査長、篠原渉(35)と小野勇気(34)の両被告(いずれも懲戒免職)の初公判が3日、それぞれ大阪地裁(渡部市郎裁判長)であり、2人は起訴内容を認めた。

 篠原被告の公判は即日結審し、検察側は「警察官の職務の清廉性を害し、高級キャバクラでの接待を期待した動機に酌量の余地はない」として、懲役2年6…

この記事は有料記事です。

残り300文字(全文499文字)

あわせて読みたい

注目の特集