メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

関西空港

地下電源施設地上移設へ 台風浸水から1カ月

高潮で浸水した関西国際空港=2018年9月4日午後6時、本社ヘリから幾島健太郎撮影

 関西国際空港を運営する関西エアポートは3日、台風21号で浸水し、大規模停電の原因になった地下の電源施設を地上に移動させる方針を明らかにした。台風による高潮が護岸を越えた被害の実態についての検証も同日、第三者委員会で始まった。同社は今月末にも新たな防災対策の中間報告をまとめる予定。

 関空は9月4日に第1ターミナル地下にある電源施設や防災センターが浸水、滑走路も1本が冠水して機能を失った。旅客施設が全面的に再開したのは17日後の同21日だった。

 被災から1カ月になるのを機に会見した山谷佳之社長は「津波で地下が水没するマニュアルはあったが、台風…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 副町長が車庫入れで頭ぶつけ死亡 福井・若狭
  2. 米子東の選手がベンチ入りせず
  3. 札幌大谷が甲子園初勝利 米子東を1点に抑える
  4. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
  5. 「白血病に勝つ…」池江選手の応援凧 滋賀の阿賀神社

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです