メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

関西空港

中国は大型連休 観光客回復進む 浸水1カ月

台風21号による高潮で浸水した関西国際空港の1期島(手前)=2018年9月4日、本社ヘリから幾島健太郎撮影

 台風21号の高潮で関西国際空港が浸水し、全面閉鎖されてから4日で1カ月。旅客便が通常運航に戻った9月21日までの間、関空から入国する外国人は大幅に減少した。国慶節(建国記念日)の大型連休(10月1~7日)に入った中国では日本が旅行先として人気で、関西の観光地や百貨店などでは以前のように外国人でにぎわう光景が戻りつつある。

 「台風21号のことは知っていたが、もう安全だと思っている」。大阪城公園(大阪市)で3日、中国・武漢から連休を利用して来日したリュウ・ヤキさん(23)が夫や友達と大阪城を背景に写真を撮りあっていた。同公園を管理する大阪城パークマネジメントの米田巳智泰・施設総務部長は「先週から客足が戻り始めて、今週は普段より多いくらいだ」と胸をなで下ろしていた。

 世界遺産も観光客が戻る。姫路城(兵庫県姫路市)では関空被災直後の1週間、外国人来場者は前年より4割減ったが、その後は回復に向かっている。台風21号で建物が損傷した二条城(京都市)は来場者が2割ほど少ない日が続いたものの、ほぼ全域の観覧を再開した9月22日からは以前とほぼ同じ水準に回復。東大寺(奈良市)によると、台風直後は参拝客が約4割減ったが9月中に例年の水準に戻った。

この記事は有料記事です。

残り434文字(全文956文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「うがい薬発言で現場混乱」 大阪府歯科保険医協会が吉村知事に抗議

  2. 新型コロナ 京都の保育士ら、新たに27人感染 府内903人に /京都

  3. 首相会見「官邸職員が記者の腕つかむ」朝日新聞社が抗議 官邸側は否定

  4. ハートマークの数で分類 感染者出たススキノ店舗名 札幌市の内部資料が流出

  5. 大阪・吉村知事のうがい薬使用呼びかけに苦情殺到 府に1日で450件

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです