メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

築地市場

閉場とともに「目利き」去る 仲卸で廃業も

築地市場の豊洲移転に伴い廃業すると決めた仲卸「中源」の中島源一郎社長(中央)と青地隆さん(左)=東京都中央区で2018年9月28日、宮武祐希撮影

 東京・築地市場(中央区)が6日に閉場して豊洲(江東区)へ移転するのに伴い、約530社ある水産仲卸のうち、零細を中心に数十社が廃業するとみられている。魚の質を見極め、築地ブランドと日本の食文化を支えてきた「目利き」たちも、量を重視する取引や景気低迷の波にあらがうことができなかった。すし種を主に扱ってきた「中源」も看板を下ろし、二人三脚で半世紀を歩んできた70代の社長と番頭は魚河岸を去る。【市川明代】

この記事は有料記事です。

残り1908文字(全文2109文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ノルウェー豪華客船がエンジン故障 1370人乗せたまま航行不能に
  2. ORICON NEWS タモリ、平成最後のフジ生特番で総合司会 新元号の瞬間も立ち会う
  3. 米子東の選手がベンチ入りせず
  4. 不正受給 尼崎市、介護施設事業者の指定を取り消し /兵庫
  5. 広瀬すず 100作目朝ドラヒロインは必然 強運引き寄せる「完璧主義」と「負けず嫌い」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです