メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

築地市場

閉場とともに「目利き」去る 仲卸で廃業も

築地市場の豊洲移転に伴い廃業すると決めた仲卸「中源」の中島源一郎社長(中央)と青地隆さん(左)=東京都中央区で2018年9月28日、宮武祐希撮影

 東京・築地市場(中央区)が6日に閉場して豊洲(江東区)へ移転するのに伴い、約530社ある水産仲卸のうち、零細を中心に数十社が廃業するとみられている。魚の質を見極め、築地ブランドと日本の食文化を支えてきた「目利き」たちも、量を重視する取引や景気低迷の波にあらがうことができなかった。すし種を主に扱ってきた「中源」も看板を下ろし、二人三脚で半世紀を歩んできた70代の社長と番頭は魚河岸を去る。【市川明代】

この記事は有料記事です。

残り1908文字(全文2109文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 慶大アメフット部を事実上の降格処分 関東学生連盟 部員の不適切行為で

  3. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  4. 大学アメフット界またも…慶大部員、女子風呂“悪質”盗撮…無期限の活動自粛(スポニチ)

  5. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです