メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

ロシアで巨大アイフォーン型墓石、アップル勤務の女性しのび

 9月3日、ロシア連邦中央部にあるバシコルトスタン共和国の首都ウファで、若い女性の墓に巨大なiPhone(アイフォーン)の形をした墓石が建てられ、話題となっている。(2018年 ロイター)

[PR]

 [ウファ(ロシア) 3日 ロイター] - ロシア連邦中央部にあるバシコルトスタン共和国の首都ウファで、若い女性の墓に巨大なiPhone(アイフォーン)の形をした墓石が建てられ、話題となっている。

 墓石には、液晶に当たる部分に故人の画像が彫られ、側面には電源などのボタンを再現。裏にはアップルのロゴもある。現地紙によると、土台部分のQRコードをスキャンすれば、故人にささげられたものと思われる短い詩を掲載したサイトに誘導される。

 報道によれば、故人は同国にあるアップルの小売・サービス店で働いていたという。

 墓石は花崗岩で、費用は10万ルーブル(約17万3000円)程度とみられる。ロシアでは、新型アイフォーンのうち最も大きい「XSマックス」が同じくらいの9万6000ルーブルとなっている。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「もう一度めぐみを…」 講演1400回、署名1300万超…声を力に訴え続け 横田滋さん死去

  2. 東京メトロ虎ノ門ヒルズ駅が開業 日比谷線全線開業から56年で初の新駅

  3. ORICON NEWS 生田斗真&清野菜名が結婚発表「お互いを支え合いながら共にこの危機を乗り越え」

  4. 自衛隊員の「テンピン停職」知りながら…法務省、黒川氏処分の「参考にせず」

  5. 「9月入学」狂騒曲 首相「指示」で始まったが…文科省幹部「最初から無理だと」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです