メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

「安倍語」にツッコミ入れると 「まっとうな経済を取り戻した」→個人消費増えず

 第4次改造内閣が発足し、安倍晋三首相の「最後の任期」がスタートした。これまで安倍首相は、きらびやかな言葉で「功績」を誇ってきたが、権力者が美辞麗句を連ねる時こそ用心せよ、というのも世の常である。来年夏には参院選もある。覚えておきたい「安倍語」の虚実を検証した。【吉井理記】

 安倍首相が最近よく披露する「鉄板ネタ」がある。「発泡酒からビールへ」という話題だ。3月の自民党大会に続き、9月19日に行った、党総裁選のラストを飾る東京・秋葉原での演説会でも口にしていたから、よほどお気に入りなのだろう。

 この話の展開はおおむね次の通りだ。5年前に東京のある町工場を視察すると、この工場は不況時でも雇用を…

この記事は有料記事です。

残り3628文字(全文3926文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. 人生は夕方から楽しくなる 政治ジャーナリスト・田崎史郎さん 「地獄」見たからこそ、分かることがある

  4. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  5. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです