メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

丹下日出夫のズバッと

東京11R・サウジアラビアロイヤルC (土曜競馬)

素質一番、グランアレグリア

 グランアレグリアはG1級の逸材だ。ディープインパクト産駒で、母タピッツフライは芝8ハロンのG1ジャストアゲイムSなど北米で7勝を挙げた。6月の東京の新馬戦はルメール騎手が手綱を握り、道中は馬任せの競馬。1000メートル通過60秒0のスローペースで流れ、直線の瞬発力勝負となったが、上がり3ハロン33秒5の末脚で抜け出し、1分33秒6の好時計で快勝した。昨年、同じ東京開催の新馬戦を勝ったステルヴィオ(後に朝日杯フューチュリティS2着)の走破時計が1分34秒8だから、能力の高さは一目瞭然。当日の馬場次第だが、1分33秒0のレースレコードの更新も十分可能だろう。才…

この記事は有料記事です。

残り444文字(全文739文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中国、新型肺炎の厳戒下で春節 30億人移動の大型連休始まる

  2. 月経周期の平均日数は年齢とともに変化 国立成育医療研究センターが発表

  3. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  4. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

  5. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです