メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

舞台をゆく

広島市・原爆ドーム周辺(重松清「赤ヘル1975」) 「勝鯉」の希望、動力に前へ

 プロ野球・広島東洋カープがセ・リーグ3連覇を果たした。リーグ初優勝は1975年で、原爆投下から30年の節目だった。3連覇を機に、当時の広島を3人の男子中学生の視点で描いた重松清さんの「赤ヘル1975」の舞台を巡った。【御園生枝里】

 リーグ優勝が決まった先月26日、広島駅から路面電車に乗り換え、電停「原爆ドーム前」へ降り立った。路面電車の走る相生通りを挟んで、北側にはカープの本拠地だった旧広島市民球場跡地、南側に原爆ドーム。その先には原爆死没者慰霊碑、広島平和記念資料館がある。カープと広島の復興の結びつきを象徴するような場所だ。

 原爆により焼け野原になった広島で、市民がカープを創り上げた。喜怒哀楽を共にし、資金難には市民の「樽…

この記事は有料記事です。

残り982文字(全文1299文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 「職員室が怖かった分、子供といる時間幸せで…」いじめ被害教諭メッセージ全文

  3. 神戸教諭いじめ 加害者の男性教員が児童骨折させる 他にも問題行為か

  4. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  5. 「いけないことを教える立場が」「人間として恥ずべき」神戸教諭いじめ 謝罪コメント要旨

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです