メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

慶喜のコーヒー

どんな味?子孫が協力し再現 徳川将軍珈琲「楽しんで」 ひたちなか・サザコーヒー /茨城

 水戸藩出身の江戸幕府最後の将軍・徳川慶喜は、コーヒー好きだったことを示すエピソードが残る。ひたちなか市のサザコーヒーは、子孫の協力を得て、慶喜が飲んだであろうコーヒーを再現。「徳川将軍珈琲」として販売し、好評だ。同社の担当者は「当時の味に近いものになっており、将軍の味を楽しんでほしい」としている。

 慶喜は水戸藩主徳川斉昭の七男として生まれ、一橋家に養子入りした後、十五代将軍となった。明治維新後、慶喜邸の職員が書いた日誌には、コーヒーがなくなってしまい、東京・千駄ケ谷の徳川…

この記事は有料記事です。

残り359文字(全文598文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富田林署逃走その夜、留置場の当番警官「スマホでアダルト番組も見てた」
  2. 京都・祇園 愛される芸妓へ一歩 「襟替え」
  3. F35戦闘機、105機購入へ うち42機は「空母」向けのF35B
  4. イスラエル空軍 F35戦闘機、世界で初めて実戦使用
  5. 猛毒魚、購入者が届け出「食べたが、元気だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです