メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐんま宝探訪

職人・藤原達矢さん 一生弾けるギターを 県産木材にこだわり手作り /群馬

 県産木材から一本一本丁寧に手作りされたギターの音色が今、日本中で鳴り響いている。手がけているのは高崎市を拠点にするギター職人、藤原達矢さん(28)。プロのギタリストからアマチュアまで幅広く支持される、その技術はまさに群馬の宝だ。【西銘研志郎】

 カンカン。8畳ほどの部屋にノミの音が響く。その工房は高崎市内の雑居ビルの中にある。「狭いですけど、手の届くところに道具がある方が作業しやすいじゃないですか」。防音加工が施された部屋には木くずのにおいがほのかに漂う。

 藤原さんのギターが、耳の肥えたギタリストらから愛される理由はまず材料にある。木材は群馬県産にこだわ…

この記事は有料記事です。

残り962文字(全文1242文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大量懲戒請求 賛同した女性「洗脳状態だった」
  2. 2018年問題 変わる「非正規」のルール 4月と10月
  3. ORICON NEWS 博多華丸・大吉、芸歴28年で初ANN 念願成就に喜び「まさか現実になるなんて…」
  4. コスモス 秋の大地、染め上げて 500万本見ごろ 兵庫
  5. 麻生太郎氏 河野外相に「常識を磨かないといかん」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです