古民家ホテル

宿場町に「NIPPONIA」が開業 今後も3棟計画 篠山・福住 /兵庫

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
オープンした「福住宿場町ホテル NIPPONIA」=兵庫県篠山市福住で、丸井康充撮影
オープンした「福住宿場町ホテル NIPPONIA」=兵庫県篠山市福住で、丸井康充撮影

 江戸時代に山陰街道沿いの宿場町として栄え、国の伝統的建造物群保存地区に指定された篠山市東部の福住地区に古民家を改装した「福住宿場町ホテル NIPPONIA(ニッポニア)」が3日、オープンした。

 古民家再生を手掛ける「NOTE(ノオト)」(篠山市)とバリューマネジメント(大阪市)が手がけた。両社は今後、福住地区で3棟の古民家を改装しホテルを開業する計画。豊岡、朝来、養父の各市でもホテルを運…

この記事は有料記事です。

残り294文字(全文490文字)

あわせて読みたい

注目の特集