メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鳥栖市

農地法違反問題 市長減給処分案を否決 市議会常任委「非公表の責任不明確」 /佐賀

 鳥栖市議会の総務文教常任委員会は4日、新産業集積エリア(産業団地)整備事業の農地法違反問題を受け、橋本康志市長が市議会に提出した市長給料を3カ月、月30%減額する条例改正案を反対多数で否決した。反対した松隈清之議員(自民党鳥和会)は委員会後、「1年3カ月も(違法状態を)公表せず、その責任を取る考えがない以上、(条例改正案は)認められない」と述べた。

 問題になっているのは、同事業で市が農地法に定められた農地転用許可を受けずに地権者から買収した約25…

この記事は有料記事です。

残り315文字(全文541文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 近鉄特急にはねられフィリピン女性死亡 東大阪・東花園駅

  2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  3. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  4. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  5. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです