メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

沖縄知事選の教訓

 翁長雄志(おながたけし)・前沖縄県知事の死去に伴う9月30日の知事選。翁長氏の後継として、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設反対を訴えた玉城(たまき)デニー元衆院議員が過去最多の得票で初当選した。移設を進める安倍晋三政権が全面支援した候補は敗北。「辺野古ノー」の民意から政権がくみ取るべき教訓は多い。

この記事は有料記事です。

残り4419文字(全文4583文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 武漢の医師が相次ぎ死亡 当局が表彰、子どもの受験優遇も

  2. 中居正広さん、ジャニーズ3月末退所し独立 遺骨手に「ジャニーさん、力をくれ」

  3. 愛子さまが学習院大文学部へ進学 推薦入試合格

  4. 豪、イスラエルに帰国のクルーズ船下船者、新型肺炎感染を確認 日本側検査で陽性者なし

  5. 新型肺炎、国内発生100人超に 北海道や埼玉で新たな感染者 未就学児も 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです