メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米中間選挙2018

トランプ氏、新NAFTA成果訴え 議会批准賛否、争点に

 【ワシントン高本耕太】トランプ米政権は1日に公表した新たな北米自由貿易協定(NAFTA)を公約の達成成果として最大限にアピール、議会批准の賛否を11月投開票の中間選挙で主要争点に据える構えだ。特に酪農や自動車製造業に従事する有権者に対し、新協定がもたらす恩恵を訴え、劣勢の伝えられる与党・共和党候補者を支援する。

 「新しい協定は農業や生産業の関係者を中心に、素晴らしい反響を呼んでいる」。トランプ大統領は2日、ホワイトハウスで記者団を前に胸を張った。新協定合意では、カナダの乳製品市場が米酪農業者に一段と開放され、カナダ政府が自国酪農を保護し乳製品の価格を設定する「供給管理制度」も撤廃される。

この記事は有料記事です。

残り513文字(全文811文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 未解明だった数学の超難問「ABC予想」を証明 京大の望月教授 斬新・難解で査読に8年

  2. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  3. 新型コロナ感染、福岡市の女性死亡 九州の感染者で初

  4. 新型コロナ 県内感染者「3次」含む8人に 富山のケアマネら 氷見の職安、当面閉庁 /富山

  5. 石川の路線バス男性運転手が感染 金沢や野々市で3日に403便運休へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです