人工知能

住宅ローンで審査 三菱UFJなど導入相次ぐ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 住宅ローンの審査に人工知能(AI)を使う方針を銀行が相次いで打ち出している。三菱UFJ銀行は1日から、AIで事前審査を最短15分で行う新サービスを始めた。超低金利で貸し出し利ざやが縮小する中、審査を迅速化することでコストの削減とサービス向上を図る。

 三菱UFJ銀の新サービスは、リクルートグループが運営する不動産物件情報サイト「スーモ」の専用ページで提供する。顧客が借入希望額、年収、勤め先などを入力すると、過去の融資実績や勤めている会社の信用度などから、希望額の融資の可否…

この記事は有料記事です。

残り358文字(全文596文字)

あわせて読みたい

注目の特集