連載

くらしナビ・ライフスタイル

日々の暮らしが豊かになる情報をお届けします。

連載一覧

くらしナビ・ライフスタイル

いじめの解決策を議論 「ソーシャルアクションラボ」シンポ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
シンポジウムには(奥列左から2人目より順に)荻上チキさん、小森美登里さん、和久田学さん、笠原昭男さんらが登壇し、いじめの解決策について議論した
シンポジウムには(奥列左から2人目より順に)荻上チキさん、小森美登里さん、和久田学さん、笠原昭男さんらが登壇し、いじめの解決策について議論した

 「1ミリ、世界をいい方へ」を合言葉に、記事掲載と意見交換を通じ、いじめなど社会課題の解決に一歩踏み出そう。毎日新聞の特設サイト「ソーシャルアクションラボ」の取り組みをもとに、東京都内でシンポジウムが開かれた。子どもをいじめから守るために、今すぐできることを探った。

 ●「通報」大半が賛成

 特設サイトは4月にオープン。いじめの解決策を取材、提案してきた。先月、シンポに向けて12の解決策などを掲げ、サイトやツイッター、フェイスブックで賛否と意見を募った。

 ツイッター上の賛否を見ると、解決策の「犯罪行為は警察に通報」「専門機関を学校に導入する」「第3の場所を用意する」は、約8割が賛成した。「加害者にこそ親身に寄り添う」「学級をなくす」は賛成が5割、反対が2割、どちらとも言えないが3割。いじめを苦にした自殺が起きやすい「中2の2学期にクラス替えする」は、賛成が4割弱、反対が2割、どちらとも言えないが4割強だった。

この記事は有料記事です。

残り2051文字(全文2459文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集