メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

いじめの解決策を議論 「ソーシャルアクションラボ」シンポ

シンポジウムには(奥列左から2人目より順に)荻上チキさん、小森美登里さん、和久田学さん、笠原昭男さんらが登壇し、いじめの解決策について議論した

 「1ミリ、世界をいい方へ」を合言葉に、記事掲載と意見交換を通じ、いじめなど社会課題の解決に一歩踏み出そう。毎日新聞の特設サイト「ソーシャルアクションラボ」の取り組みをもとに、東京都内でシンポジウムが開かれた。子どもをいじめから守るために、今すぐできることを探った。

 ●「通報」大半が賛成

 特設サイトは4月にオープン。いじめの解決策を取材、提案してきた。先月、シンポに向けて12の解決策などを掲げ、サイトやツイッター、フェイスブックで賛否と意見を募った。

 ツイッター上の賛否を見ると、解決策の「犯罪行為は警察に通報」「専門機関を学校に導入する」「第3の場…

この記事は有料記事です。

残り2182文字(全文2459文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「この世界の片隅に」新作 すずとリンの会話が表す「家制度」「貧困」

  2. 首相の地元を歩く 「安倍か林か選べ」 下関で苛烈な自民の政争 「桜」前夜祭の参加者倍増を招いた市長選

  3. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  4. 「ホテル」「など」連発 首相は開き直った 「ご飯論法」上西教授と聞いた代表質問

  5. 大津の園児死傷事故、判決言い渡しが異例の延期 弁護側「被告の体調厳しい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです