メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

増える廃校 活用で地域振興

廃校になった小学校の旧校舎をおしゃれな観光施設として生まれ変わらせた「のじまスコーラ」=兵庫県淡路市で、村瀬優子撮影

 少子化に伴って近年、全国で年に約500校の公立学校が廃校になり、役目を終えた校舎の活用が課題になっている。文部科学省などは今夏、自治体や企業にさまざまな実践例を紹介する「廃校サミット」を初めて開き、全国からの参加者でにぎわった。注目が集まる各地の廃校活用策を取材した。【村瀬優子】

オフィスに改修、交流盛んに

 黒光りした廊下、黒板や校内放送用のスピーカーが残るオフィス--。お笑い芸人を輩出してきた吉本興業(本社・大阪市)東京本部の社屋は、1995年に廃校になった東京都新宿区の旧区立四谷第五小の校舎にある。34(昭和9)年完成のモダンな校舎は3階建て。教室のドアや廊下との仕切りを取り払い、各部署のオフィスにしている。開放的な雰囲気で、至る所に当時の面影が感じられる。

この記事は有料記事です。

残り2192文字(全文2527文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米感染者2500万人超す 死者は41万人超 いずれも世界最多

  2. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  3. ORICON NEWS 香取慎吾、『おはスタ』5年ぶり出演で笑顔「おーはー」「おっはー」 瑛人の「香水」歌い出す

  4. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  5. ワクチン接種割り込み、スペイン軍トップが辞任 優先順位に反し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです