海自

潜水艦「おうりゅう」進水 リチウムイオン電池搭載

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
命名・進水式を終えた「おうりゅう」=神戸市兵庫区和田崎町1の三菱重工業神戸造船所で2018年10月4日午前11時25分、峰本浩二撮影
命名・進水式を終えた「おうりゅう」=神戸市兵庫区和田崎町1の三菱重工業神戸造船所で2018年10月4日午前11時25分、峰本浩二撮影

 海上自衛隊の最新鋭潜水艦の命名・進水式が4日、三菱重工業神戸造船所(神戸市兵庫区和田崎町1)であった。同造船所で建造された潜水艦は戦後28隻目で「おうりゅう」と名付けた。潜水艦としては世界で初めてリチウムイオン電池を搭載し、速力が向上する。

 進水式では、防衛省や同社関係者ら約300人が見守る中、村…

この記事は有料記事です。

残り196文字(全文346文字)

あわせて読みたい

ニュース特集