メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

富田林逃走

高知の警官「お遍路さんだと」 容疑者に職質

樋田淳也容疑者が立ち寄ったとみられる須崎市の道の駅「かわうその里すさき」=2018年10月4日午前9時59分、北村栞撮影

 大阪府警富田林署から逃げたとして、加重逃走容疑で逮捕された樋田淳也容疑者とみられる男が高知県須崎市の道の駅「かわうその里すさき」で職務質問を受けていたことが分かり、高知県警は4日、対応に追われた。

 県警によると、8月30日午後11時半ごろ、須崎署に「道の駅のトイレ付近に不審な人物がいる」と連絡があった。パトロール中だった地域課の男性署員2人が駆け付け、職務質問すると、樋田容疑者は偽名を伝え「和歌山から来ていて、八十八カ所巡りをしています」と答えたとみられる。身分証は持っていなかったが、所持品検査をすると、衣類などが多く入っており、署員は「受け答えは素直でちゃんとしていたし、お遍路さんだと思って怪しまなかった」と話しているという。

 山口県周南市で樋田容疑者が逮捕された際は、山口県警が自転車の防犯登録番号を府警に照会したことで特定された。一方で、県警によれば、職務質問をする際、不審だと思わなければ防犯登録番号の照会をしないこともあるといい、刑事企画課は「男が樋田容疑者であれば、結果的にもっと調べるべきだった。指導を徹底していく」とした。【北村栞】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS NHKの体操番組に熱視線、5分で心をつかむ“裏切らない体作り”とは?
  2. トランプ政権 トランスジェンダー排除を検討…米紙報道
  3. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す
  4. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
  5. 青森4人死亡 飲酒運転で速度超過 32歳容疑者を逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです