メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風被害

南アルプス山小屋、橋流され紅葉直前に終了 

台風24号の増水で橋が打ち上げられた=山梨県早川町奈良田の登山道で(深沢勇樹さん提供)

 南アルプス山系の農鳥岳(標高3026メートル)中腹にある大門沢(だいもんざわ)小屋(山梨県早川町奈良田、同1800メートル)が3日、本格的な紅葉シーズンを前に営業を終了した。台風24号の影響で付近の橋が流されたためで、例年より10日以上早い。主人の深沢勇樹さん(21)は「登山者の安全を第一に考えた。悔しいが、来年へ向けて気持ちを切り替えたい」と話す。【松本信太郎】

 小屋は毎年7月1日から10月15日まで営業している。渡れなくなった橋は二つ。いずれも木製で長さは約10メートルあり、小屋からそれぞれ100メートル、300メートル下の沢筋に架かっていた。9月30日深夜の大雨で増水し、打ち上げられたという。被害状況を確認した勇樹さんによると「今まで見たことのないぐらいに水かさが上がっていた」。増水した沢を渡るのは極めて危険で、今シーズンの営業終了を決断した。

この記事は有料記事です。

残り251文字(全文632文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  2. 金沢市内の男子中学生陽性 感染者の家族 症状なし、学校は休校に 新型肺炎

  3. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  4. クルーズ船下船後に女性が陽性、発熱 初のケース 栃木県発表 新型肺炎

  5. 新型コロナ「花見川区の中学校教諭り患」「安易に校名広げない配慮を」 千葉市長がツイート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです