メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風被害

南アルプス山小屋、橋流され紅葉直前に終了 

台風24号の増水で橋が打ち上げられた=山梨県早川町奈良田の登山道で(深沢勇樹さん提供)

 南アルプス山系の農鳥岳(標高3026メートル)中腹にある大門沢(だいもんざわ)小屋(山梨県早川町奈良田、同1800メートル)が3日、本格的な紅葉シーズンを前に営業を終了した。台風24号の影響で付近の橋が流されたためで、例年より10日以上早い。主人の深沢勇樹さん(21)は「登山者の安全を第一に考えた。悔しいが、来年へ向けて気持ちを切り替えたい」と話す。【松本信太郎】

 小屋は毎年7月1日から10月15日まで営業している。渡れなくなった橋は二つ。いずれも木製で長さは約…

この記事は有料記事です。

残り398文字(全文632文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 15歳美少女4人組「@ onefive」“正体”判明 顔見せビジュアル&MV一斉公開

  2. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  3. 郡山市の浸水地域や周辺で空き巣相次ぐ 貴重品放置しないで

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです