台風24号

塩害で鉄道トラブル相次ぐ 潮風が影響

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 台風24号による潮風がもたらした塩分による「塩害」とみられる鉄道トラブルが相次いでいる。JR東日本や京成電鉄の一部の路線では3~5日、送電線が停電するなどして、列車が止まったり、大幅な遅れが発生したりした。台風が去ってから既に4日が経過しているが、意外な形でいまも住民生活に影響を及ぼしている。

 5日午前7時45分ごろ、千葉市中央区の京成線西登戸駅に停車中の列車が送電トラブルによる異常を感知し、一部区間で停電した。京成電鉄によると、西登戸駅隣のみどり台駅で送電線から火花が出た。同9時半ごろには、東京都江戸川区に…

この記事は有料記事です。

残り387文字(全文645文字)

あわせて読みたい

ニュース特集