軽減税率

コンビニ食品に 「店内飲食禁止」条件 財務省

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
コンビニなどでの消費税率の扱い
コンビニなどでの消費税率の扱い

 財務省は、来年10月の消費税率10%への引き上げ時に導入する軽減税率を巡り、店内に椅子やテーブルを置くコンビニやスーパーなど小売店の対応基準を明確化した。「飲食禁止」を明示し、実際に客が店内で飲食しないことを条件に、店内で販売する全ての飲食料品(酒類除く)に8%の軽減税率を適用する。

 軽減税率は飲食料品に適用され、外食と、小売店の飲食スペースで飲食する場合の税率は10%になる。店内…

この記事は有料記事です。

残り291文字(全文484文字)

あわせて読みたい

注目の特集