トヨタ・ソフトバンク

移動サービス新会社設立 提携発表

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 トヨタ自動車とソフトバンクグループは4日、自動運転車などを活用した移動サービス分野で提携すると発表した。共同出資会社を設立し、2018年度内をめどに共同事業を始める。両社の提携は今回が初めて。自動運転やシェアリングなど次世代技術・サービスを巡って世界的に競争が激化する中、日本を代表する巨大企業同士が連携し、生き残りを図る。

 設立するのは「モネ・テクノロジーズ」で、資本金は20億円。ソフトバンクが50・25%、トヨタが49・75%出資する。将来的には100億円まで拡大する。社長にはソフトバンクの宮川潤一副社長が就任する。

この記事は有料記事です。

残り423文字(全文686文字)

あわせて読みたい

注目の特集