メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国女優脱税

追徴課税145億円「重くない」 不満の声

カンヌ国際映画祭のレッドカーペットでポーズをとる范冰冰さん=仏カンヌで2018年5月11日、ロイター

 【上海・工藤哲】中国の人気俳優、范冰冰(ファン・ビンビン)さん(37)が映画出演料など約1億4000万元(約23億2000万円)を脱税した問題は、刑事責任を問われない可能性が高く、波紋を広げている。追徴課税や罰金などで計約8億8000万元(約145億8000万円)の支払いを命じられても、「罰は重くない」などの声が上がっている。

 英BBCは、近年の刑法改正で、当事者が速やかに税額を納め、公共の利益が保証されれば刑事責任は問われ…

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文494文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  2. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  3. 台湾、南太平洋キリバスと断交 外交関係のある国は15カ国と最少に

  4. 職場で体調崩し、女性は死亡した 119番まで「3時間40分」早められたのか

  5. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです