メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

奈良・五條

早生柿「刀根早生」出荷作業がピーク

急ピッチで進められる早生柿の出荷作業=奈良県五條市で、望月亮一撮影

 奈良県五條市で、早生(わせ)柿「刀根(とね)早生」の出荷作業がピークを迎え、JAならけん西吉野柿選果場では従業員らが手作業で選果や箱詰めを行っている。

 収穫後、炭酸ガスが充満する部屋で1日置き、その後2日間寝かせて渋みを取り除く。関東や東北地方を中心に出荷されて、作業は10月中旬まで続く。

 選果場の岡高司副委員長(59)は「台風…

この記事は有料記事です。

残り51文字(全文217文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです