メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

法制審

競売で暴力団排除策など民事執行法の改正要綱答申

 法制審議会(法相の諮問機関)の総会が4日あり、裁判によって生じた養育費や賠償金の支払い義務を果たさない人の預貯金などを差し押さえやすくする制度の新設▽不動産競売から暴力団を排除するための新たな方策--などを盛り込んだ民事執行法改正要綱を全会一致で採択し、山下貴司法相に答申した。

 法務省によると、不払い者の預貯金などを差し押さえるためには、債権者本人が金融機関の支店などを特定する必要があるが、現実的には難しい。そのため、新制度では、債権者が申し立てれば、裁判所が金融機関や市町村などに命じ、債務者の預貯金や株式、土地・建物や勤務先に関する情報を取得できるようにす…

この記事は有料記事です。

残り425文字(全文708文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 関東・東海上空に火球 2日未明、目撃相次ぐ 「爆発音聞こえた」

  2. 愛媛の「聖地」で誓った2人の愛 南京錠7000個のその後は… 撤去から1年

  3. 東京都で新たに100人以上感染 5月2日以来の3ケタ

  4. 「党員獲得どころじゃない」 河井夫妻「1億5000万円」 自民総務会で不満噴出

  5. コロナ感染止まらぬ新宿・歌舞伎町 区長はすがる思いで大物ホストの携帯を鳴らした

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです